任意整理後は賃貸物件へ入居できる?影響は?

マンションやアパートなどの賃貸物件に住むという場合、審査を受ける必要がありますが、任意整理などの債務整理を行った場合、この賃貸物件への入居時の審査に影響があることはあるのでしょうか。
任意整理などの債務整理を行うと、手続きを行ったという事が信用情報機関に登録されます。その登録情報は、クレジットカードへの入会や各種ローンを利用する時の審査の際に参照されますので、債務整理を行った後数年間は新たにクレジットカードに入会したり、ローンを利用することは出来ません。その為、この信用情報機関に登録された場合には、ブラックリスト入りをしたなどと呼ばれることもあります。しかし、賃貸契約の審査では、この信用情報機関の登録情報を参照することは出来ません。そのため、任意整理を行ったからと言って、賃貸物件に入居することが出来ないというわけではありません。しかし、注意しなければならないのは、保証会社が必要な物件の契約をするという場合です。この場合、保証会社が信用情報機関への登録情報を参照する可能性がありますので、審査を通過することが出来ない可能性があります。
また、家賃の支払いが振込などではなく、クレジットカード決済が求められる場合には、信用情報機関に登録されている状態ではクレジットカードに入会することが出来ませんから、契約することが出来ない可能性があります。物件を選ぶ際には、保証会社の種類や家賃の支払い方法などを確認しましょう。
関連サイト